LEYON_cross - LEYON(レヨン)

leyonは寄り添う

LEYONにできることは一つじゃない。
沢山のおこさま・ママの悩みにピックアップした商品をご紹介!

🌻お悩みのボタンをクリック🌻

こども悩み

🌻お悩みのボタンをクリック🌻

行動悩み


こどもの夜泣きが酷い、睡眠不足からボーっとしていることが多いといったお悩みの原因には「たんぱく質不足」があげられます。 たんぱく質はぐっすり睡眠をサポートするセロトニンやメラトニンの素材となる栄養素なので、不足すると寝る力が減少し、十分な休息がとれないため行動に現れてきてしまいます。 また、たんぱく質はカラダに貯蓄する事ができないのでコンスタントに摂る必要があります。

行動悩み

食事悩み



偏食気味や、食べる量が少ないと「栄養不足」が心配です。 栄養が不足すると成長や発育に大きなダメージを与えてしまいます。 その中でも「たんぱく質」は全身に使われる栄養素ですが、カラダの中で貯蓄することができなため、特に気を付けて摂る必要があります。 食事量を増やさずとも簡単に栄養素をとる工夫が必要です。

食事悩み

肌悩み

赤ちゃんや子どもの肌はとっても繊細なので「肌トラブル」が心配です。 赤ちゃんの肌は大人の肌の半部以下のうすさしかなく、生まれてから 2 ~ 3 ヶ月で生まれた時の 1/3 も皮脂量が減ってしまいます。 その結果、急激乾燥&バリア機能の低下により、新生児ニキビ・あせも・乳児湿疹などさまざまなトラブルに…。 トラブルを避けるためには、毎日の保湿ケアを念入りにする必要があります。

肌悩み

勉強悩み


言葉数が少ない、集中力が持たないといったお悩みの原因には「たんぱく質不足」があげられます。 たんぱく質は発育や知性を伸ばすために欠かせない必須の栄養素です。 特に思考力の発達は0~6歳で90%が完成するとも言われているので、幼児期にたんぱく質を摂ることはとても重要な事なのです! DHAも一緒に摂ると更に思考力の向上に繋がると言われています。

勉強悩み

生活悩み

おむつのニオイが気になる、ベビーグッズの衛生面が気になるといったお悩みの原因には「菌の発生」があげられます。 菌は日常生活のいたるところに潜んでおり、少しでもエサを見つけると一気に繁殖しニオイを発生したり人に害を与えたりします。 免疫力の低いお子さまには特に危険なので、こまめなニオイ対策や除菌・消毒が必要です!

生活悩み

衛生悩み


こどものかゆみ、ムズムズ、咳といったお悩みの原因には「ウィルス・アレルギー」があげられます。 1軒あたりなんと家に住み着いてるダニや菌の数は約数千万~数億匹と言われています。 しかも…ハウスダストは主にお子さまの生活エリア(床の低いエリア)で舞い上がっているため、症状を少しでも和らげるために日頃よりアレルゲン対策が必要です!

衛生悩み

ママ悩み

🌻お悩みのボタンをクリック🌻

ホルモン悩み


気分の変化が激しい、ゆらぎを感じるといったお悩みの原因には「ホルモンバランス」があげられます。 女性は30代を超えると急激にホルモンバランスが減少して心とカラダのバランスが乱れてしまいます。 不調が続くのを予防するためには、女性ホルモンをサポートする「エストロゲン」を摂る必要があります。

ホルモン悩み

葉酸


産後の体型が気になる、妊娠中の栄養が気になるといったお悩みの原因には「葉酸不足」があげられます。 特に妊娠中は1日に400μgの葉酸が必要と言われており、普段の食事量から摂取するのが難しいため国からサプリの摂取が認められているほどです。 その他にもビタミン・ミネラルを含んだ成分を一緒に摂ると産後前のスリムボディーへの近道に!

葉酸

妊娠


妊娠中の肌はとっても繊細なので「妊娠線」が心配です。 特に妊娠中は急激に大きくなるおなかに皮ふの伸びる力が追いつかず、お肌の奥の組織まで裂けてしまいます。 一度できてしまうと自然に消すことはできないといわれているのでしっかり保湿をしお肌を守ることが大切です。 妊娠後にも赤ちゃんと一緒に使えるように無添加で優しい成分のものがオススメです。

妊娠

肌トラブル


育児が忙しくてなかなか自分時間がないと「肌トラブル」が心配です。 年齢を重ねる度に肌はどんどん痛みやすくなりますが、なかなかスキンケアをする時間がないし…お金もない…のが現実。 だからといって、スキンケアをおろそかにするとお肌が悪化するので要注意です! 1アイテムで何役も活用できるオールインワンのアイテムを使うとコスパもよく時短になります。

肌トラブル

エイジングケア


透明感が欲しい、年齢に負けたくないといったお悩みの原因には「核酸不足」があげられます。 一般的にカラダに存在する細胞の「核」は損傷しやすく、日常のちょっとしたストレスで壊れてしまいます。 そのため、意識をして核酸を摂取する必要があるといわれています。 核酸をしっかり摂ることでトラブルの元を遺伝子レベルで補うことができ、アンチエイジングにも繋がります。

エイジングケア

楽しそうな家族の様子